So-net無料ブログ作成
スポーツ ブログトップ

女子バレーW杯ワーストタイの7位 [スポーツ]

http://www.so-net.ne.jp/news/cgi-bin/article.cgi?gid=spo&aid=20071116i413
日本、ブラジルに敗れワーストタイ7位…バレーW杯女子

正直、実力通りといった結果でしょう。
良くがんばったと思いますが、柳本監督、セッター竹下の限界を感じてしまいました。

竹下は、速さ、正確さといった意味では確かに世界トップレベルのセッターですが、竹下が前衛にいると、2枚の攻撃もレフトへの平行と、ライトのブロードと単調な攻撃になって一気に攻撃力が弱まってしまいます。しかもブロックは実質2枚のみ・・・。これでは世界に通用しません。
また、竹下では的が小さいため、サーブレシーブがみだれがち。ナイスカットに見えるレシーブでも高すぎて竹下が届かないなんてシーンもありました。日本は175cm以上の大型(世界では大型ではない)セッターを育成しないともう限界なのだと思います。

攻撃は、レフトとセンタープレーヤーのブロードと速さはあっても単調だったと思います。左右だけでなく、時間、前後を有効に使った日本独自の3次元攻撃を模索する必要があるのではないでしょうか。高さとパワーではかなわないので2セッター制を導入して常に3枚以上で攻撃できるようにするのも一つの解決策だと思います。(かなりの練習量が必要だと思いますけど)

そしてサーブレシーブ。サーブで崩されるシーンが多くありました。
こればかりは練習量意外のなにものでもありません。
世界と戦うにはさらに努力が必要ということだと思います。

北京五輪までに、今回のチームとはガラリと変わったチームになることを期待しております。

  • 世界で一番早いクイックとレフト攻撃
  • 世界で一番バリエーションのある攻撃パターン
  • 世界で一番ブロックアウトを取るテクニック(これは高橋ができていますが)
  • 世界で一番正確無比なサーブレシーブ

これができてこそ、メダルを狙えるチームになるのではないでしょうか。


2007-11-17 09:57  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

スポーツ ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
メッセージを送る


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。